インド保険アグリゲートプラットフォームPolicybazaar、IPOで650億ルピー調達に向け準備

[ニュースの要点]
・ソフトバンクが支援するインドの大手保険アグリゲートプラットフォームのPolicybazaarは、新規株式公開によって最大650億ルピーを調達する決議を承認し、IPOに向けた手続きを開始したという。
・関係者によると、同社は今年中の上場を目指しており、近日中にインド証券取引委員会(SEBI)にDraft Red Herring Prospectus(DRHP)を提出する予定だという。
・同社は、インド保険各社の商品を比較できるオンラインプラットフォームサービスを展開しており、国内最大級の規模を誇る。

[管理人コメント]
先日、ZomatoのIPO準備が大きく報道され、前々から話には出ていたPolicybazaarの報道もこうして出ている。インドのスタートアップ、特にユニコーンが立て続けにIPOの準備を進めており、この二社の他にも物流スタートアップのDelhiveryなども上場準備も話がメディアに出ている。

今後も、さらにインドのスタートアップが資金を調達し、大きく成長するところが増え、株式上場をするところが出てくると予想されている。今年あと何社のユニコーンが報道されるか、IPO報道が出るか、有望スタートアップが台頭してくるのか、注目したい。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/tech/startups/policybazaar-plans-ipo-to-raise-up-to-rs-6500-crore/articleshow/84608036.cms

関連記事

ページ上部へ戻る