インド、オンラインゲーム市場が25年度までに2900億ルピーまで成長する見込み

[ニュースの要点]
・KPMGのレポートによると、インドのオンラインゲーム市場は、2025年度までにゲーマー数が6億5700万人まで増加し、2900億ルピーと市場規模が2倍以上になると予想されている。
・同レポートでは、20年度のオンラインゲーム市場規模は約1360億ルピー、ゲーマー数は4億3300万人と推定されている。
・市場規模のうち、カジュアルゲーム分野が600億ルピーを占めており、今後4年間で同分野は1690億ルピーまで成長すると見込まれている。
・KPMGインドのパートナー兼メディア・エンタメ部門責任者のGirish Menon氏は、「消費者による課金と、広告による収益化の両方が今後も強力な牽引力となる」と述べている一方で、コンソールゲーム機が高価格であることや、課金システムがユーザー一人当たりの平均収益を阻害しているとコメントしている。
・オンラインゲームは、今後数年間でインドのメディア・エンタメ産業における最大規模を誇る分野の一つとなり、時間はかかるが5Gの普及とともにより伸びていくと予想されている。

[管理人コメント]
インドのゲーム市場が急速な成長を続けている。スマホの普及増加、高速通信(4G)の低価格化により、多くの人が気軽にゲームを楽しむことができるようになった。多くのユーザーはスマホゲームを楽しんでおり、特に簡単に誰でもプレイできるようなカジュアルゲームが流行している。

一方で、インド発のゲームの人気作品もあるが、欧米発のゲームが人気を博していたりと、インドのゲーム市場は世界の競合他社がせめぎ合っている。ローカル言語対応のゲームなどが出れば人気を博すかもしれないが、今後の市場動向に注目していきたい。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/media/entertainment/indian-online-gaming-segment-expected-to-reach-rs-29000-cr-by-fy25-report/articleshow/83611751.cms

0 0 votes
Article Rating

関連記事

ページ上部へ戻る