オンライン卸プラットフォームのJumbotail、400人以上の従業員を採用予定

[ニュースの要点]
・FMCGブランドとスーパーやキラナショップを繋げるオンライン卸プラットフォームのJumbotailは、今後1年間で400人以上の従業員を採用する予定。採用は、国内の複数の地域で実施される。
・Jumbotailは、最近2,500万米ドルの資金調達を完了し、南インドの5つの州と北インドの100以上の地区にまたがる複数の地域で、急速に事業を拡大している。
・Jumbotail社の共同創業者兼CEOであるKarthik Venkateswaran氏は、「市場の拡大に対応するため、国内の物流・フルフィルメントセンターのネットワークだけでなく、自社独自の小売ブランド、J24店舗のネットワークを拡大し、フィンテックプラットフォームと金融サービス事業を拡大している。また、コスト効率の高い方法で拡大を続けるため、技術、製品、デザイン、意思決定のためのソリューションに多額の投資を行っている」とコメント。

[管理人コメント]
これまでは、インドは消費者がデジタルの恩恵を受けること側面が強かったが、最近では事業者や物流業者など、消費者に直接かかわることはないがサプライチェーンを支える事業者がデジタルの恩恵を受けることが多くなっている。

こういったオンライン卸のサービスがあると、より多くのブランドの取り扱い(仕入れ)が可能になり、店頭商品のバリエーションは増える。また、データを分析をすることで、需要と供給の可視化もでき、より効率的な注文、そしてブランド側としてもどんな商品が売れているかを把握でき、多くのステイクホルダーにとってベネフィットがある。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/jobs/jumbotail-looks-to-hire-400-employees-across-multiple-geographies/articleshow/82365446.cms

関連記事

ページ上部へ戻る