Google Payで国際送金サービス対応。米国からインドへの送金も可能に

[ニュースの要点]
・Googleは、米国の決済アプリのユーザー向けに、送金会社のWiseおよびWestern Union Coとの国際送金パートナーシップを開始したと発表。
・米国の「Google Pay」ユーザーは、インドとシンガポールのアプリ利用者に送金することができる。
・Googleは、4,700億ドル規模の送金市場に参入することで、金融サービスの提供を拡大し、デジタル決済分野での競争力を強める。
・パートナーのWiseはオンラインでの海外送金ではリーダー的なポジションを確立しており、Western Unionは世界各地に広大なネットワークを所有する送金プレイヤーの世界的大手。
・新型コロナウィルスでオンライン決済の需要が増えており、外国送金の需要は多く、特に米国から故郷に住む自身の家族への送金需要は多いため、今後の展開が注目される。

[管理人コメント]
インドは、フィリピンと並んで世界でも上位の送金大国(送金を受け取る側)と言われている。特にインド人の米国移住者は多く、彼らの多くがインドに住む家族に送金を行っていることは多い。

Google Payは、インドでも広く普及しており、UPIの普及に伴って一気にGoogle Payユーザーがここ数年増えている。新型コロナウィルスの影響でデジタル決済がより加速したインドで、従来の送金手段以外に普段から使い慣れているGoogle Payを介した送金はユーザーにとってもありがたいサービスではないかと思う。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] LiveMint
https://www.livemint.com/technology/apps/google-pay-users-in-us-can-now-transfer-money-to-india-singapore-11620749882168.html

関連記事

ページ上部へ戻る