インド、4月より車とバイクの価格上昇へ

[ニュースの要点]
・インド国内では、2021年4月より四輪二輪の価格が上昇する。この背景にあるのは、世界的な部品の供給不足、金属コストの上昇などで、今年1月に続いて二度目の値上げとなる。
・インド国内最大手のマルチ・スズキは、値上げはモデルやバリュエーションによって異なると述べている。
・他メーカーも、価格の見直しを行っており、近日中に発表されると予想されている。
・部品など、直接的な製造関係のコストとは別に、燃料費や物流コストの上昇にも自動車メーカーは悩まされている。
・二輪大手のHero MotoCorpも4月から同様にオートバイとスクーターの値上げを行うと発表している。
・インド日産のMD、Takesh Srivastava氏は、「自動車部品の価格は継続的に上昇している」と語った。

[管理人コメント]
今年の1月から、インドの自動車メーカー複数社は小売価格の値上げに踏み切っている。原因は、記事にもあるように、材料価格が上昇し、製造コストが増加していることが理由。

材料だけでなく、輸送コスト(=物流コスト)なども小売価格上昇の理由の一つで、コンテナ不足なども業界では問題視されている。貨物運賃の高騰と原材料の値上がりによるコスト増の吸収を企業が余儀なくされる可能性もあり、価格が上がることによる消費者心理の変化も考えられ、今年の販売台数に影響を及ぼすと考えられている。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/auto/cars-uvs/car-and-bike-prices-to-go-up-from-april/articleshow/81663991.cms

関連記事

ページ上部へ戻る