インド空調大手Voltas、小規模都市での需要拡大に期待

[ニュースの要点]
・インド大手財閥TATAのグループ会社であるVoltasは、今年のエアコンの売上は、「夏の好況」と「Covidの流行を背景に人々が採用したハイブリッドな働き方」により、2桁の大幅な伸びを期待していると、同社のトップが語った。
・同社は、昨年のフェスティバル・シーズン中に新型コロナウィルス流行前の販売数を超え、今年の夏もこの好調を維持することを期待している。
・特に、地方都市、小さな街における販売が増加傾向にあり、現在、都市と地方のエアコン売上比率は55:45の割合であるが、将来的にはこの数字が逆転すると予想している。
・リモートワークが取り入れられ、オフィス通勤と在宅勤務のハイブリッドな働き方が、冷房製品や機能性家電の需要をさらに喚起するものと期待しているという。

[管理人コメント]
インドの夏の気温の上がり方は日本とは比べ物にならない、とはいっても地域によっては夏でも比較的涼しいところもあるが、それでも多くの都市では夏は猛暑になる。

エアコンなしで夏を乗り越えるのはなかなか酷で、エアコン需要は高いが、エアコンは高額な家電製品の一つである。それでも、中間層の増加など、エアコン販売が伸びる下地はできており、家電量販店には日本ブランドのエアコンも目にすることが出来る。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/cons-products/durables/voltas-expects-double-digit-growth-in-ac-sales-demand-from-smaller-towns-to-go-up/articleshow/81614980.cms

関連記事

ページ上部へ戻る