Apple、インドでiPhone 12の組み立てを開始

[ニュースの要点]
・Apple社は、インドで「iPhone 12」の組み立てを開始すると発表。この動きは、急成長するインドのスマートフォン市場におけるAppleの地位をさらに強固なものにすると期待される。
・Apple社は、Foxconn社やWistron社などのサードパーティーと提携し、インドでiPhone SE、iPhone XR、iPhone 11など一部の携帯電話を製造している。。
・「Appleは、お客様に喜んでいただくために、世界で最高の製品とサービスを作ることに専念しています。現地のお客様のために、インドでiPhone 12の生産を開始できることを誇りに思います」と声明を発表している。
・プレミアムスマートフォン分野でSamsungやOnePlusなどのプレーヤーと競合するAppleは、インド市場での存在感を積極的に高めている。

[管理人コメント]
iPhoneはインドではまだまだ普及しておらず、その価格帯故に富裕層向けの製品として根付いている。インドのiOSシェアは3%も満たないと言われるほど、ほとんどの国民がAndroid端末を利用している中で、Appleは少しでもシェア拡大を目指してSEの販売などインドで力を入れている。

一気にシェアを拡大するのは困難な道ではあるが、所得の増加に伴うAppleユーザーは増えることが期待されており、今後の経済成長に伴ったユーザー数推移に注目したい。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] Indian Express
https://indianexpress.com/article/technology/tech-news-technology/apple-starts-assembly-of-iphone-12-in-india-7225544/

関連記事

ページ上部へ戻る