決済ソリューションのDotPe、デジタルショールームサービスで450万ユーザーを4ヵ月で獲得

[ニュースの要点]
・オフライン小売店や飲食店にオンライン決済の仕組みを提供するスタートアップ「DotPe」は、Digital Showroomサービスも提供しており、4ヶ月で450万の加盟店(ユーザー)を獲得した。
・Android/iOS対応のDigital Showroomサービスは、無料で、中小企業が15秒でオンラインストアページが完成、オンライン販売を始められる。
・オンラインストアが作成されると、Digital Showroomでは、無料カタログの掲載、オンライン注文、ソーシャルメディアマーケティングツール、オンライン決済ソリューションなどの利用が可能になる。
・ユーザーの一人は、「子育て中の母親のために、化学薬品を使わない製品を作って売りたいという思いは強かったのですが、それがDigital Showroomのおかげで夢から実行へと移すことができた」とコメントしている。
・多くの中小零細事業者は、ネットマーケティングにおいてインスタグラムのようなSNSのDMに頼るだけではなく、もっと多くの方法で注文を集める必要がある。DotPeのShowroomで、手間いらず且つ支払いまで完結できるプラットフォームは重宝されており、これまでに、インド国内8000以上の都市の事業者にインパクトを与えている。

[管理人コメント]
大規模オンライン事業者(大手ECサイトやオンライン食料品等)は、自社でシステム開発を行う力もあり、マーケティングにも巨額な投資をすることができるが、地方の中小零細事業にはそこまでの余裕はなく、これまでは地域(というより町内)に根差したオフラインでの販売が主流だった。

しかしながら、DotPeのようなオンラインツールの導入により、オンラインでの販売ができるようになることで、ターゲットが町内+国内への広がっている。同社は、加盟店が13億人のポテンシャルカスタマーと繋げる助けをしたいと語っており、今後さらにインド国内における中小零細業者のオンラインによる国内販売は広がりを見せると感じさせる。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/small-biz/sme-sector/dotpes-digital-showroom-registers-4-5-million-users-in-four-months/articleshow/81389437.cms

関連記事

ページ上部へ戻る