マヒンドラ・ロジスティクス、EVラストマイル配送サービスを開始

[ニュースの要点]
・マヒンドラ・ロジスティクスは、電気式ラストマイル配送サービス「EDel」を全国の首都を含む6都市で開始したと発表。サービスは今後14都市に拡大される予定。
・フェーズ1では、貨物アプリケーション用に設計された3輪車(3W)車1,000台の展開に焦点を当てる。
・EDelは、最初にバンガロール、ニューデリー、ムンバイ、プネ、ハイデラバード、コルカタというインドの主要都市でまず開始する。
・EDelは、パッケージサービスや旅行ベースのサービスを含む複数のサービスを提供する予定で、これらのサービスは拡張性があり、持続可能でコスト効率の高いソリューションを顧客に提供することになると同社は述べている。
・加えて同社は、EDelの下で電気自動車(EV)事業のための専用充電インフラのネットワークを構築し、顧客体験、車両とバッテリーの利用、ネットワーク管理を可能にするコネクテッド・テレマティクス・プラットフォームを提供していく予定。

[管理人コメント]
インドでは、電気自動車(EV)の導入が政府を中心に議論されており、一部のメーカーによって既に電気自動車は販売されている。マヒンドラは電気自動車の国内展開ではリードしており、自家用車だけでなく、ラストマイル物流にもEVを活用していく。

まだまだ自動車会社各社はガソリン車に注力しているが、電気自動車導入は必ず普及すると見られており、各社の今後の対応に注目したい。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/transportation/shipping-/-transport/mahindra-logistics-launches-electric-last-mile-delivery-service/articleshow/80151421.cms

関連記事

【公式HP】インフォブリッジ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る