Lenovo、20年度のインド国内売上900億ルピーを突破

[ニュースの要点]
・大手コンピュータメーカーのLenovoのインド法人「Lenovo India」は、20年度におけるインド国内の売上が900億ルピーを突破し、前年度に比べて27%増加したという。
・Lenovo Indiaは2016-17年に売上高120億ルピーのピークに達していた、携帯電話事業から撤退、同事業をインドのグループ会社に譲渡したため、翌会計年度には売り上げが半減していた。
・今期の売上増加は、パンデミックの影響であり、パソコンの需要が大きく伸びた。市場調査会社IDC Indiaによると、7月から9月の四半期は、デスクトップ、ノートパソコンなどの出荷台数が約340万台となり、インドでは過去7年間で最大の四半期となった。
・eラーニングやリモートワークの需要が引き続き好調に推移したこともあり、好調な出荷台数を記録している。

[管理人コメント]
オンライン教育やリモートワークで、多くの人がネット環境とデバイスを必要とし、仕事用ではなく家庭用のデバイス需要は増えた。インドにはAppleなどプレミアム価格帯のPCも参入しているが、国民の多くは中間層以下であることから、中国もしくは台湾ブランドの安価なPCが求められている。

LenovoのPCは低価格で高性能ということで、インド国内でも人気が高く、2021年も引き続き新型コロナウィルスの影響を受けていくことが濃厚であることから、売上は好調を維持するという見方もある。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/cons-products/electronics/lenovo-india-crosses-rs-9000-crore-sales-mark-in-fy20/articleshow/80100447.cms

関連記事

【公式HP】インフォブリッジ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る