インドのホスピタリティ産業はイノベーションで乗り越える。OYO社長

[ニュースの要点]
・OYO Hotels and Homesの創業者でグループCEOのRitesh Agarwal氏は「ホスピタリティ業界が最も厳しい危機の真っ只中にあるにもかかわらず、ユーザーと接続するための新しい方法を考え出すことで、挫折を乗り越えることができると確信している」と述べた。
・Assocham Foundation Week 2020で開催されたセッションで、同氏は、「ホスピタリティ産業はCOVID-19パンデミックによって大きな影響を受けたが、危機からの重要な教訓はほとんどない。学びの一つは、国内観光業がこの危機を乗り切るための唯一の方法と分かったことだ」と述べた。
・100年に一度ともいわれる感染拡大とホスピタリティ産業への打撃。同氏は、テクノロジーを活用すること・安心安全の徹底・ロードトリップに対する努力が必要と考えている。
・その中でも、OYOは「Farm Stay」に投資をしてきた。小さなホテルや別荘などが今後のホスピタリティ産業にとって重要ポイントになる。今までは全て自分で手動で行ってきた業務をテクノロジーを使って自動化できるところは自動化し、零細経営者ができることの幅を広げることが大切と述べている。
・最後に同氏は、「数年後には旅行などの消費はCOVID-19以前のレベルと同等かそれ以上に戻ってくるだろうが、それが以前と全く同じ形で戻ってくることはないだろう」と締めた。

[管理人コメント]
新型コロナウィルスで打撃を受けているインドのホスピタリティ産業。飲食やホテルなど、お客が入らず打撃を受けているが、少しづつ経済回復の兆しは見える。一方で、OYO社長の言葉にもある通り、国内観光業がこの危機を乗り切るための唯一の方法であり、数年後には旅行などの消費はCOVID-19以前のレベルと同等かそれ以上に戻ってくるだろうが、それが以前と全く同じ形で戻ってくることはないということである。

先をイメージして、どこに需要が眠っているのか。人々は何を求めるのかを先にイメージすることで、見えてくるサービスもあるのではないかと思う。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/services/hotels-/-restaurants/hospitality-industry-in-middle-crisis-will-overcome-setback-by-innovation-oyo-boss-ritesh-agarwal/articleshow/79782800.cms

関連記事

ページ上部へ戻る