インド、コロナ禍でテック企業への投資額380億ドル到達

[ニュースの要点]
・インドは、全世界が新型コロナウィルスの感染拡大に苦しんでいる過去6ヶ月間、テック企業への投資が380億ドルに達したと政府系シンクタンク NITI Aayog CEOのAmitabh Kant氏は述べた。
・インドの起業家コミュニティTiEがオンラインで3日間実施したグローバルサミット(TGS)のセッションで、インドのスタートアップエコシステムは、過去5年間で600億ドル以上の資金調達を行ったと発表された。
・また、55,000以上のスタートアップが生まれ、現在は約34社のユニコーンと52社のsoonicorns(すぐにユニコーンになる規模のスタートアップ)が存在し、彼らは2022年までにユニコーンになる可能性を秘めているとAmitabh Kant氏は述べた。
・Amitabh Kant氏は、加えて「人工知能はインドにとって最大の発展機会の一つになろうとしており、新興技術は、2035年までにインドに9570億ドルの経済効果を与えることが期待できる。」と述べた。
・インドは現在、5億人以上のスマートフォンユーザーを有し、世界最大のデータ消費者でもある。3秒ごとに新規接続が追加され、6億5000万人以上のインターネットユーザーが存在している。

[管理人コメント]
新型コロナウィルスの感染拡大により、多くの分野でデジタルトランスフォーメーションなど、デジタル化のワードが言われるようになり、インドのテック企業で大きく売り上げを伸ばしたところも多い。

周知の通り、ソフトウェア産業は盛んなインドでは、人工知能をはじめとした先端技術の研究も盛んに行われている。世界は新型コロナウィルスの感染拡大に苦しんでおり、たとえワクチンなどで収束をしたとしても一度変わった習慣はなかなか変えられず、デジタルを活用できるところは最大限活用する流れは進む。

インドのネットユーザーはものすごい勢いで伸びており、他国に比べてはるかに安価で大容量の4Gが使える。まだまだインドのテック業界は伸び続けるが、急速に変わり続ける世界では予測と仮説設計が大きな鍵を握る。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/tech/technology/indian-tech-companies-witness-38-bn-investments-during-covid-19-times-amitabh-kant/articleshow/79629559.cms

関連記事

ページ上部へ戻る