インド映画館大手のPVR、現地アクセラレーターと提携してスタートアップ支援

[ニュースの要点]
・インドの大手映画館チェーンのPVR Cinemasは、スタートアップアクセラレーターのIndia Acceleratorと提携し、メディア・エンターテイメント分野のスタートアップ支援をを実施する。
・当アクセラレーションプログラムでは、エンタメ関連のチケット予約や映画鑑賞などの分野で、5~7社のシードステージのスタートアップを対象に、メンタリングや資金調達のサポートを行うという。
・India AcceleratorのMDであるAshish Bhatia氏は、「映画鑑賞の体験には、適切なショーの選択やチケットの予約、一度映画を観た後でもまた再び映画を観に戻ってくるまでの間など、未確認で未踏のギャップがたくさんある。革新的なスタートアップが既存の業務の効率を高めることでこれらに変化をもたらすことができる」と述べている。
・PVRの最高戦略責任者であるKamal Gianchandani氏は「ビジネスは、このような時代の変化の中でピボットする必要がある。メディアやエンターテインメント分野ではなおさら。我々は、このアクセラレータープログラムを通じて、映画館での映画鑑賞体験を改善・革命化し、摩擦のないユニークなものにするアイデアや技術を模索しています」と意気込みを語った。

[管理人コメント]
インドには娯楽が少なく、それこそスマホが普及する前の娯楽と言えば映画館だった。都市の大小関係なく映画館はあり、多くの人が映画を観に訪れていた。PVR Cinemaは業界大手であり、インドの街を走ると多くの場所でPVRの映画館を目にする。

しかしながら、この新型コロナウィルスの影響で映画業界は大きな変革を迫られている。また、通信キャリアの価格が非常に安いインドでは、通信キャリアを契約すると自動的にNetflixやAmazon Prime会員になれることもある(これは通信キャリアが顧客を獲得するためのオファーであるが)。こういった背景から、今では多くの人が自宅で、そして自分のデバイスで映画をはじめとした動画コンテンツを楽しんでいる。

まだまだ新型コロナウィルスの収束は時間がかかるが、映画館をはじめとしたエンターテイメント業界は、いかに次の一手を打ち出せるかが鍵であり、この言うは易く行うは難しの状況をどう打開するのか、大企業とスタートアップのシナジーがどう生まれるのか注目したい。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] LiveMint
https://www.livemint.com/companies/news/pvr-ties-up-with-indian-accelerator-to-mentor-m-e-startups-11605695532079.html

関連記事

ページ上部へ戻る