インド、Vistara航空がデリー、ムンバイ、ゴアへのフライトを増便。

[ニュースの要点]
・インドでは、フライトの需要増が起こっており、航空会社の一つであるVistara航空はデリー、ムンバイ、ゴアのルートを増やす決定をした。
・デリー、ムンバイは言わずもがな大都市であり、商業目的の出張を含めて需要がある。ゴアは、毎年秋~冬にかけて観光客が増える傾向にある。
・Vistara航空は、「インドの祝祭シーズン前後に旅行需要が増加することを期待しているが、顧客の関心は依然として健康と安全対策である。検疫要件の合理化がカギとなる」とコメントしている。
・2020年10月現在、インド国内では航空会社に対して新型コロナウィルス発生前の水準の60%まで稼働することが許可されている。

[管理人コメント]
新型コロナウィルスの感染拡大はまだまだ収まっていないが、出張ニーズは増加してきている印象を受ける。オンラインでの会議で進むところは進むが、どうしてもやはり対面での会話での進み方とオンラインでの進み方は差が出る。加えて、長いこと旅行ができていないことに対するストレスも多くの人が抱えている。

感染対策を十分に行い、その上で州間の移動を増やしていくこと。まだまだ国際線の完全再開には時間がかかると思われるが、デリー<>東京間のフライトも次期に始まるという。できる限りの対策で、経済を回していき、成長を止めないことが大切である。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/transportation/airlines-/-aviation/vistara-to-operate-more-flights-from-delhi-mumbai-to-goa-to-cater-to-rising-demand/articleshow/78801316.cms

関連記事

ページ上部へ戻る