インド、露天商のオンライン利用実現に向け、政府が大手飲食デリバリーSwiggyと覚書を提携。

[ニュースの要点]
・インド中央政府の住宅・都市問題省庁は、露天商支援政策スキームの一環として、大手飲食デリバリープラットフォームのSwiggyを覚書(MoU)を締結した。
・同パートナーシップは、Ahmadabad、Chennai、Delhi、Indore、Varanasiの5つの都市で、およそ250の露天商が参加する実証実験が行われる予定。
・露天商は、登録からアプリ使用方法、メニューのデジタル化や価格の設定方法、衛生管理などのトレーニングを受けることができる。政府は、段階的に全国展開する方向で考えている。
・新型コロナウィルスの影響に伴う都市封鎖(ロックダウン)により、多くの露天商が売り上げに大きな影響を受けた。政府は、彼らが再び活動再開できるように運転資金のローン提供も実施する予定で、当スキームでは約5万人以上の露天商を対象に、最大10,000ルピーの融資を受けられるという。
・2020年10月4日時点で、露天商支援政策スキーム下で200万件の融資申請が寄せられており、このうち75万件の融資は承認され、既に24万人には融資が実施されている。

[管理人コメント]
新型コロナウィルスの影響で、多くの業界が影響を受けた。レストランやバーなどの飲食店はもちろん、タクシーなどのサービスも打撃を受けた。露天商=ストリートベンダーは、打撃を受けたものの一つであることは間違いなく、都市封鎖(ロックダウン)が始まる前であれば、道を歩けば青果物の露天商やサトウキビのジュース屋、アイスクリーム販売など、多くの露天商を見ることができた。

しかし、人が外に出なければ露天商で買い物をする機会はない。それ故、多くの露天商が打撃を受けた。今回のSwiggyとの連携で、露天商の販売するものをSwiggyプラットフォーム上でも購入できるようになるが、既存のレストランなどと同じ土俵に立っても、どれだけユーザーが露天商の商品をデリバリーで選ぶようになるかは疑問ではあるが、少しでも彼らの助けになることは間違いないと言える。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] LiveMint
https://www.livemint.com/news/india/urban-affairs-ministry-partners-swiggy-to-take-street-vendors-online-11601900241089.html

関連記事

【公式HP】インフォブリッジ

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る