インド、石油燃料需要の通常レベルまでの回復には6-9ヵ月かかる見通し

[ニュースの要点]
・インドの石油燃料需要は、新型コロナウィルス前のレベルに回復するのに、6-9ヵ月かかる見込みであると、インド国内最大の石油会社で政府系企業の「インディアン・オイル社」のディレクターであるS K Gupta氏がコメントした。
・インドでは、4月に全土規模でのロックダウン(都市封鎖)を実施し、その結果、4月の燃料販売は約50%も減少した。
・世界中で感染が拡大し、その中でも感染拡大が進んでいるインドでは、需要の回復を予測するのは難しいという。
・インドの石油製品の2/5を占めるディーゼルは7月に前年度比で21%の売上減。ガソリン販売も同じく減少している。
・各州で異なったロックダウン政策が実施され、感染拡大も収束する気配がない今、業界はしばらく低迷を続けると懸念されている。

[管理人コメント]
インドの石油消費量は、2020年1月時点で世界第3位と言われているほど巨大な市場である(中国、アメリカに次いで3位)。しかしながら、需要の伸び悩みが懸念されていた中での今回の新型コロナウィルス。原油価格は暴落し、インドの石油業者も売上減少に苦しんでいる。

新型コロナウィルスが収束し、石油需要が回復を見せても、インド政府は環境汚染の観点からクリーンエネルギーを推し進めていることもあり、今後のエネルギー産業の動向が注目される。人口増加に伴うエネルギー需要増加は明らかなので、そこにどんなプレイヤーがどんなエネルギーを持ってくるのか、注目したい。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Ecomonic Times
https://economictimes.indiatimes.com/industry/energy/oil-gas/indias-fuel-demand-may-take-6-9-months-to-reach-normal-levels-ioc/articleshow/77351679.cms

関連記事

ページ上部へ戻る