たった3%のエンジニアしか年収80万ルピー以上の職に就けない現実、インド

[ニュースの要点]
・インドでは、若者エンジニア向けのエンジニアリングのオンライン教育コースの需要が拡大している。
・インドでは、毎年150万人のエンジニア学生が大学を卒業するが、そのうちITなど技術系の職につける学生は25万人程度である。その25万人中22万人の学生は、初任給で30~50万ルピー(日本円で約50~90万円)のポジションに就く。
・そして、トップ4万人=全体の3%の学生が、80~100万ルピー(140~180万円)以上のポジションに就いている。
・上位3%の学生は、Tier-1大学(IITやNITなど)の学生がメインであり、セカンドトップ校の優秀層への機会が損なわれていることが問題視されている。

[管理人コメント]
インドはIT大国、特にソフトウェアエンジニア大国という印象が強い。確かに、ほんの上位数%のエンジニアは飛び切り優秀で、グローバルIT企業などに初任給1000万円以上で採用されるようなケースもある。しかしながら、それはほんのごく一部であり、大半のインドのエンジニア学生は卒業後にテック関連の仕事に就職することもできない。

もちろん、増えすぎた工科大学の中には、日本でいうFランレベルの大学もある。そういったところの学生は、まだエンジニアとして就業できるレベルの技術がないと指摘されていることも確かである。

しかしながら、セカンドトップ(日本でいうところのMARCHや地方の有力国公立大学)の大学に在籍する多くの優秀な生徒は、技術力は比較的高いものの、就職先がないことが問題視されている。

確かに、IITやNITの学生は厳しい試験を突破してきているだけあり、レベルは高い。一方で、座学ではない真の技術力を持っているかは別の話でもある。学歴も大切だが、本当にスキルを持った学生を見つけられるかも、インドエンジニア採用の重要ポイントではないだろうか。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] The Economics Times
https://economictimes.indiatimes.com/multimedia/jobs/only-3-engineering-grads-get-high-quality-tech-jobs-with-packages-above-rs-8l-survey/articleshow/76993220.cms

関連記事

ページ上部へ戻る