Google、インドに100億ドルを投資へ。モディ首相とオンライン会談。

[ニュースの要点]
・2020年7月13日、インドのモディ首相とGoogle CEOのSundar Pichai氏がオンライン会談を実施した。
・テクノロジーの力を活用し、インド国民(特に農家や若者、そして起業家)の生活に変化を与える取り組みや、パンデミックにおける課題、新しいワークカルチャーなどについて議論をした。
・会談終了後、Sundar Pichai氏は、インドのデジタルエコノミーの促進のため、今後5~7年間で、100億ドル規模の投資を行う「GoogleForIndia Digital Fund」を発表した。
・インド出身のSundar氏は、「新型コロナウィルスで様々なものがオンライン化し、それがライフラインになっている。このタイミングで人々の力になること、世界の情報を整理し、簡単にアクセスできる環境を作ることは、Googleのミッションである」とコメントした。

[管理人コメント]
インドは、2015年より「デジタルインディア」というデジタル化政策を進めている。この5年間で、多くのものがデジタル化し、政府系のデジタルサービス・手続きの簡略化も増えてきた。もちろん、政府系だけでなく民間サービス、特にIT企業やスタートアップによるオンライン技術を活用したサービスは、多くのユーザーを集めている。

それでも、インドの半分以上を占める貧困層、地方都市などはまだまだ都市部に比べてデジタル化の恩恵を受け切れていない(所得や教育の問題はもちろん関係している)。そんな中で発生した新型コロナウィルスの感染拡大により、地方都市でも、オンライン化を進めざるをえない状況になってきている。Googleによる支援で、インドの地方都市でも大いにデジタル化の恩恵を受け、あらゆる格差の縮小につながることが期待される。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] India TV news
https://www.indiatvnews.com/business/news-sundar-pichai-google-usd-10-billion-fund-india-s-digital-economy-google-investment-digital-india-633849

関連記事

ページ上部へ戻る