【コラム】インド国内ITエンジニア(新卒)の実情は?

インドはIT大国である。ソフトウェアエンジニアが多い。そしてみんな英語が話せて数学が強い、なんてったってゼロの概念を生み出した国なのだ、そしてインドには世界でもトップクラスの工科大学があり、エンジニアは新卒でも年収1000万円を超えるらしい etc.

 というのが多くの人が抱いているIT国家としてのインドに対する印象ではないかと思う。そしてこれは部分的に間違いではないが正解といえるわけでもないのが現実ということを伝えたいと常日頃から感じています。

 確かにインドには多くのエンジニアがいます。毎年150万人の理系大学生が学校を卒業し、多くの学生がエンジニア職に就きます。IIT(インド工科大学)の出身者とお話をする機会や、一緒に仕事をさせていただく機会もありますが、みなさん確かに思考は切れる方が多く、優秀と感じることが多いです。GoogleのCEOのSundar氏や、MicrosoftのCEOのSatya氏などをはじめ、グローバルに活躍するインド人も多いです。

 しかし、物事を木を見て森を見ず的な視点で考えてしまうのは危険です。上記に挙げたのはほんの一部の「超」優秀なインド人であり、トップ1%にも入るかどうか、というレベルだと思っています。事実、毎年150万人の理系学生が、4年間コンピュータサイエンスなどを専攻して大学を卒業しても、そのうちITエンジニアとして職に就くことができるのはわずか25万人ほど。6人に1人しかエンジニアにはなれません。

固定ページ:

1

2

関連記事

ページ上部へ戻る