インド、TikTokなど59の中国アプリを禁止に

[ニュースの要点]
・インド政府が、計59本の中国製アプリを禁止に。
・禁止の理由は、「セキュリティ・国家安全保障上の問題」。
・政府の主張は、「アプリによって国民のデータが収集され、中国のサーバーに送信されている」というもの。
・以前にもTikTokがインド国内で禁止になった事例はある(2019年4月: 児童ポルノの温床になるという政府の主張)が、今回は以前よりも反中国感情が高い状況であることから、解決は難しいとの見解もある。

[禁止されたアプリ一覧]
TikTok / SHEREit / Kwai / UC Browser / Baidu map / Shein / Clash of King s/ DU battery saver / Helo / Likee / YouCam makeup / Mi Community / CM Browers / Virus Cleaner / APUS Browser / ROMWE / Club Factory / Newsdog / Beutry Plus / WeChat / UC News / QQ Mail / Weibo / Xender / QQ Music / QQ Newsfeed / Bigo Live / SelfieCity / Mail Master / Parallel Space / Mi Video Call (Xiaomi) / WeSync / ES File Explorer / Viva Video (QU Video Inc) / Meitu / Vigo Video / New Video Status / DU Recorder / Vault (Hide) / DU Cache Cleaner / DU Cleaner / DU Browser / Hago Play With New Friends / Cam Scanner / Clean Master (Cheetah Mobile) / Wonder Camera / Photo Wonder / QQ Player / We Meet / Sweet Selfie / Baidu Translate / Vmate / QQ International / QQ Security Center / QQ Launcher / U Video / V fly Status Video / Mobile Legends / DU Privacy

[管理人コメント]
TikTokやSHEREit、UC Browserはインドでも常にダウンロード数ではトップランクの人気アプリ。
(※TikTok単体でも2億人のインドユーザーを獲得。SHEREitとUC Browserと合わせると5億人は軽く超える規模で中国製アプリはユーザーを獲得している)

今回の禁止により、一気にダウンロード数を伸ばしてきたのがChingariというインド発の動画投稿アプリ。2018年11月にリリースされたアプリだが、今回の件で一気にユーザーを獲得している。この禁止令を機に、インド発ユニコーンが複数出てくる可能性も考えられる。

※インドの情報や当サイト(管理人宛)のインド関連での各種お問い合わせは、こちらからどうぞ!

[記事参考元] Gadgets360
https://gadgets.ndtv.com/apps/features/banned-apps-tiktok-alternatives-camscanner-microsoft-lens-shareit-files-go-mitron-chingari-2254186

関連記事

ページ上部へ戻る