インド最新ヒット曲が続々!Wynk Music

 

「インドというと何を思い浮かべますか?」

 

というような質問を5人ぐらいにすると、だいたい返ってくる答えは

「カレー」

「カレー」

「ガンジス」

「牛」

「カレー」

 

と、まあ、だいたい「カレー」のイメージが強いインドなのですが、実際はもっと素晴らしいコンテンツが溢れています!

 

インドといえば、世界有数のエンタメ市場として有名なのですが、例として映画業界を見てみると、

ボリウッドをはじめとするインドの映画製作本数は堂々の世界1位

2020年にはインドの映画市場規模は37億USD(約4,000億円)にまで拡大する見込み

参考: EconomicTimes

と、かなりの規模の市場であることが分かります。

 

また、インドの映画に欠かせないのが「音楽」であり、インドのヒットチャートには、だいたいボリウッド音楽がランクインしています。

また、街でふらっとカフェなどに入ると、ボリウッド音楽が流れていたり、タクシーのラジオからもボリウッド音楽が流れてきたりします。

 

僕もボリウッド音楽は好きなので、よく聴いていますが、是非もっと多くの方にボリウッド音楽を聴いてほしいと思い、今回はインドの音楽アプリ「Wynk Music」と、個人的おすすめソングを少しだけ紹介します。

 

 

「Wynk Music」

Image Credit: RBODM.COM

 

インドの大手通信業者である「AirTel」によって運営されているMusicアプリです。

AirTelユーザーはこのアプリが無条件で使い放題なので、Wynkユーザーの55%はAirTelユーザーとのこと。

(僕もAirTelユーザーなので、愛用しています。)

 

はじめてWynk Musicで曲を聴いたとき、音がめちゃめちゃ良くて、それ以来Wynk Musicのヘビーユーザーとして愛用していますが、インドでどんな曲が流行っているのか(どんなボリウッド音楽が流行っているか、一方でどんなUS/UKの曲がインドで流行っているか)を知るのに良い手段としても使っています。

 

最近、ユーザー獲得に非常に力を入れているようで、YouTube広告も頻繁に見かけます。

どのぐらいユーザーいるのか気になり、軽く調べたところ、

2017年時3月時点でのアプリダウンロード数は累計5,000万。

参考: MEDIANAMA

なかなか多いですね、しかも非AirTelユーザーの割合が45%でこの数字。

ちなみに、1日あたりのダウンロード数は約10,000ダウンロードなんだとか…

 

さて、Wynkの紹介はこんなところで切り上げ、次はインドのおすすめソング3曲を紹介します。

完全な個人的お気に入り曲ですが、これをきっかけに少しでも聴いていただけたら嬉しいです。

 

[Humsafar]

 

2017年3月に公開された映画「Badrinath Ki Dulhania」の曲です。

同映画は、2017年の興行収入ランキングで9位(約33.7億円)のヒットを記録しました。

個人的に「インドらしい曲だなー」と初めて聴いた時に思った曲です。

 

 

[Jai Ho]

 

2008年に公開され、第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した名作「Slumdog Millionaire」の主題歌です。

オリジナルVer.は、同曲の作曲者であるA.R. Rahman氏によるヒンディー語のものですが、英語版では米歌手のNicole Scherzingerが歌っているので、こちらの動画を紹介します。

 

 

[Raabta Title Song]

 

2017年に公開された映画「Raabta」の主題歌です。(同映画の興行収入は日本円で約6.6億円)

インドで最も人気のある女優の一人であるDeepika Padukoneが主役だったこともあり、注目されました。

 

 

以上、(個人的)おすすめ3曲でした。

これを機に少しでもインドのエンタメ情報に興味を持っていただけたら幸いです。

 

まだ他にもおすすめ曲や紹介したいエンタメ情報はたくさんありますが、それらは後日紹介できればと思います。

 

ページ上部へ戻る