低料金に不満爆発!Uberドライバーがストライキ決行@Vizag

 

世界でもっとも有名な配車アプリといえば、「Uber」ですよね。

Uberを皮切りに、世界各地で配車アプリが普及しており、それはインドも例外ではありません。

 

シンガポールやマレーシアなどの東南アジアで展開しているGrabTaxiや、中国のDidi Chuxing(滴滴出行)などのように、インドにもインド発のタクシー配車アプリ「OLA」があります。

詳しくは→「Uber以上のユーザー数!インド発タクシー配車アプリのOLA」

 

ユーザー約600万人(2017年8月: eMarketer調べ)を抱えているOLAですが、ユーザー数ではUberとかなり僅差で競っています。

 

一方、Uberとしては、なんとしてでもインドでのユーザーを増やしてOLAを超えたい!ところですが、なかなかOLAには勝てていないのが現実…

 

そこで、OLAより安い価格を打ち出すことで差別化を図れるのではないかと始まったのが、

「Ride at FLAT ₹49!」

という一律料金キャンペーン。

 

これは、僕の住んでいる街、Vizagでのみ実施しているキャンペーンのようですが、

一律料金設定は、2018年よりデリーやバンガロールなどの他都市にも展開していく予定、とのこと。

参考: Uber Ride Packages With Flat Fares Start Rolling Out in 7 Cities Across India

 

Vizagでまずはテストしてみて、うまく行けば他都市にも展開という流れを見ていたようですが、

結果はというと、、、

ドライバーが低賃金に激怒し、ストライキ決行!

 

実際にスマホでUberを探してみると、

NO CARS AVAILABLE

 

と出てしまい、一台もUberがつかまりませんでした…

 

ユーザー獲得のために行ったキャンペーンで、一番大切なリソースであるドライバーが離れてしまうという本末転倒な現状。

Vizagという街自体が、半径4km以内なら簡単に主要ヵ所に行けてしまうので、

ドライバーからしたら多くの人を乗せても乗せても自分の取り分が思った以上になかなか増えず、やってらんねーよ!ってなったんですかね、、、

 

僕自身、Uber派で結構頻繁に利用していたので、なんかショックな気分に、、、

とりあえず今はOLAを使っていますが、早いところUberがVizagに戻ってきてくれるのを待つばかりです。

(*2018年2/19時点では無事Uberのストライキ問題は解決)

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る