インド人のコンドーム使用率が10年で6倍増!?

 

インドといえば人口13億人の大国であり、その上人口の半分は25歳以下の若者という、非常に若くエネルギッシュな国です。

 

僕の住んでいる都市Visakhapatnam(通称Vizag)でも、自宅近くのカフェやレストランで若者や子ども、若手ビジネスパーソンを多く見かけます。
(僕の家の周りでは、特に高校~大学生ぐらいの年齢の人が多い印象です)

 

また、最近ではインドでも恋愛結婚が増えてきているようで、街では結婚前のカップルらしき若い男女をちらほら見かけます。

(Vizagは田舎なのでデリーなどの都会より圧倒的にカップルを見かける回数は少ないですが…)

 

ただ、一つ疑問なのが、彼らは何して遊んでいるのかというところ。

東京などの大都市であれば、若者カップルが遊ぶ場所はいっぱいありますが、インド(特に田舎)では、やはりまだ先進国の都市のように娯楽が発展していないのも事実です。

 

さて、そうなると、エネルギー有り余る若者の男女カップルって一体全体何して遊んでいるんだろうと素朴な疑問が出てきます。

が、正直こればっかりは僕も知りません。ショッピングモールとか映画館でデートあたりじゃないでしょうか?たぶん…(あくまで田舎基準です)

 

さて、前置きはこれぐらいにして、今回は、インドでは以前よりタブー視されている性事情について少し触れます。

 

・インド人ってあんま避妊しないらしい(いや、普通にスーパーに避妊具売ってるしそれはないだろ。でも実際どうなんだろう?)
・そもそも結婚前に”そういうこと”するのはダメらしい(なんかそれは聞いたことあるような…)

とか、色んな噂を聞いてはいましたが、まだ確証を持ってこれだと言えるほどの真実は分かりません。

 

インドの性教育がどこまで進んでいるのかどうかも知りませんでしたが、そんな中でも興味深いニュースを見つけました。

ここ10年(2005~2015年)で未婚女性のコンドーム使用率が6倍に増加

Times of India: Condom use among unmarried women rises 6-fold in a decade

 

国際人口科学学会(The International Institute for Population Sciences)が実施した、2015-2016年における家族健康調査(National Family Health Survey)によると、

15~49歳までの未婚女性のコンドーム使用率が、10年で2%→12%(6倍)に上昇。

なかでも、最も使用率が高い世代は20~24歳の未婚女性である。

 

なるほど、このデータを見る限り、この10年で少しずつ性教育も進んでいるのではないかと仮説が立ちます。

しかし、、、、なぜ女性限定??

 

ということでもう少し調べると、インドの男性の8人に3人(約38%)が避妊は女性の役割と思っているという情報が出てきました。

 

ただ、使用率が6倍に増えたとしても、まだ12%の使用率。

と、いうのも、インドの男性の20%が、避妊する女性は尻軽女などと思っているアンケート結果もあり、自分がそう思われたくないがために避妊具を使用しない女性も少なからずいそうな気がします。

 

また、ユニセフと国連人口基金が発表したレポートをまとめると、

インドでは女性の47%が18歳になる前に結婚しており、18歳前に第1子を出産する女性の割合は全体の28.5%に上る

参考: The Wall Street Journal

 

この情報から、インドでは早い段階から子どもを授かる女性が多いことが分かります。

しかし、一方で、インドの学校では性教育の授業がほとんど組み込まれておらず、きちんとした知識を身に着けずに行為に及んでしまう子が非常に多く、一部問題視されているという側面があるそうです。

 

国によって文化や価値観、考え方は変わりますが、この問題に関しては、世界共通で性別限らず考えるべき大事な問題かもしれません。

 

インドでも、経済成長が進んでいく中で、こういった側面の知識や教育も発展・普及していけばと思います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る